最新情報を取得!補助金の一覧や申請できる案件を探せるサイト3選!

現在、国や地方自治体からの補助金公募は、年間3,000種類以上もあると言われています。

返済の必要がない資金として、補助金は大きな力になりますね。

所在地や目的、条件によって使える補助金は変わってきますから、条件にマッチした補助金を探すのは難しいものです。

情報をしっかりキャッチして活用するための方法について紹介いたします。

<補助金の一覧をどこでしらべる?>

雇用関係の補助金は、厚生労働省、研究開発型人材開発は経済産業省の管轄になりますから、厚生労働省や経済産業省の公式サイトをチェックしておきましょう。

(参考)厚生労働省 「雇用関係助成金」検索表

(参考)経済産業省 政策一覧

(参考)ミラサポ

該当する補助金を探すのは大変

『厚生労働省「雇用関係助成金」検索表』では、そのまま事業名や手続きについて説明したサイトにリンクしていますが、『経済産業省政策一覧』では、ジャンルごとに書かれた内容を辿って補助金の募集を探さなければならず、別に中小企業向け情報検索サイト『ミラサポ』が用意されています。

中小企業庁サイトの「補助金等公募案内」、各自治体の案内をチェックすると、情報が得られますが、要件に当てはまる補助金を探すのはなかなか大変です。

 

<無料検索サイト『oshiete』で最新情報!>

知り合いが補助金を受けたと聞いて申請を思い立っても、募集が終了しているケースや、年1回しか募集がないものがあり、補助金についての情報は、常に更新しておかなければ、チャンスをのがしてしまうかもしれません。

無料検索サイト『oshiete』

そんな時に使ってみたいのが、無料検索サイト『oshiete』です。

見やすい検索ページで、助成金・補助金、金融・税制等、最新の情報を検索でき、あなたの事業所が要件に当てはまるか診断をしてくれます。

診断で申請可能なことを確かめたら、書類の作成に移りますが、事業計画書の策定など難易度の高い作業が含まれています。

しかも、助成金と違って補助金の場合には、審査を受けてからの採択となり、必ずしも通るとは限りません。

専門家である中小診断士に書類作成を依頼し、審査通過に必要なツボを押さえた書類を用意して、審査通過の確率を高めたいところです。

 

<『oshiete』なら専門家依頼もスムーズ>

・助成金、公的融資申請が可能か無料診断

・助成金、補助金申請サポート

・補完業務・コンサルティング

こうした相談・依頼では、補助金申請に習熟した専門家とコンタクトを取って進めたいですね。

『oshiete』を使うと、社会保険労務士、弁護士、行政書士、中小企業診断士、公認会計士、税理士といった専門資格を持った専門家へのコンタクトがスムーズにできるので、本業に専念でき、助かりますね。

関連記事

  1. 起業のハードルは高い?起業するための心構えとは?

  2. 起業した方が絶対に良い!

  3. 高齢者雇用を検討中の経営者必見!65歳超雇用推進助成金とは?

  4. 【経理担当者必見!】助成金を受け取った際の経理処理で大事な3点とは?!

  5. 主婦の起業で成功する!ご主人のお給料から3か月で卒業する方法

  6. 助成金の申請に必要?社員を守る会社の法律、就業規則の基本項目とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。