印鑑届出書

会社設立で必要な書類のひとつに印鑑届出書があります。個人が市区町村で印鑑登録をするように、会社が法務局で実印を登録するために必要な書類です。

個人の実印には、その方の名前が刻まれていますが、
会社の実印には、外側に「株式会社○○」などの会社名が、内側に「代表取締役之印」と刻まれているのが一般的です。

印鑑届出書とは

印鑑届出書とは、会社の実印となる代表者印を法務局に届け出るための書類です。会社の代表者印の印鑑登録は、個人の実印を市区町村に印鑑登録するのと同じ意味合いになります。印鑑届出書は、法務局で会社の設立登記を行う際に必要な書類のひとつです。

株式会社の代表取締役、合同会社の代表者などの代表者が2名以上いるケースでは、それぞれが代表者印の届け出をすることもいずれかの代表者が代表者印の届け出をすることも可能です。ただし、複数の代表者が代表者印の届け出をする場合には、別の印鑑を使用して、代表者ごとに印鑑届出書を作成します。

代表者印は銀行印と見積書や領収書などに使う社印などとは別のものを用意します。

ダウンロードいただく用紙は用紙はB5サイズがですが、A4の用紙にプリントアウトして提出しても特に問題はありません。

こちらのコンテンツは無料でダウンロードいただけます。
サンプルをダウンロードする際は、お名前とメールアドレスをご入力後、「プライバシーポリシーに同意します」にチェックを入れてください。

プライバシーポリシーをご確認ください

関連記事

  1. 代表取締役の就任承諾書

  2. 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書(税務署)

  3. 取締役の就任承諾書

  4. 合同会社設立登記申請書

  5. 電子定款の認証手続きを代理人に委任する際の委任状

  6. 有限会社設立登記申請書

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。