助成金は自分で申請できる?

従業員がいる会社なら基本的に申請すれば必ずもらえる助成金ですが、
どうやって申請すればわからないという方が多いと思います。

ハローワークに相談しても(お近くの社会保険労務士にご相談ください)と言われてしまい、
社会保険労務士に探してみたものの(顧問契約を締結しないとサポートできません)と言われてしまい、、、
自分で申請しようと努力してみたものの内容が複雑すぎて断念してしまった。。。

そんな方がほとんどのようです。

最近流行りのAIで自主作成できるサイトが無いか調べてみたものの、
どうやら助成金は頻繁に要件が変わるなどの理由からAI化するのはコストがかかりすぎてしまい難しいようです。。。

そんなみなさんのご要望にお応えするべく、
uniondownload.comというサイトが公開されました。

各助成金の申請書類の書き方見本やコメントが専門家によって記されている書類を無料でダウンロードできるサイトです!
(※一部有料コンテンツ有)

助成金の情報収集

まず、助成金の情報収集をしていきましょう。

厚生労働省が管掌する雇用助成金は、厚生労働省のホームページをご確認ください。
細かく種類・コース・制度に分かれています。

毎年4月には新しい助成金が出来たり、補正予算が組まれるとそこでも新しい助成金が出ます。

どの助成金でも取り組める、または取り組みやすいかの判断は難しいと思います。
どういった業種でも取り組みやすいものもあれば、取り組み自体が難しいものがあります。

まずは、このような助成金の情報を収集して、自分がどのような助成金であれば取り組めるかをチェックしてみましょう。

<助成金申請のポイント>
助成金の情報を収集し、自分が取り組める、取り組みやすい助成金から検討する!

事前の準備をしましょう

人に関して何か制度を導入したり実施したりするともらえるものにキャリアアップ助成金の正社員化コースがあります。

6か月以上雇用しているパートタイマー・アルバイト・契約社員等の非正規スタッフを、正社員登用するといった取り組みをすることで助成を受けることができます。

この助成金では、正社員登用前に管轄の労働局やハローワークに事前に計画届を提出しておかなければなりません。

注意してください!
先に正社員登用をしてしまっては、助成金がもらえなくなってしまいます。

キャリアアップ助成金では、

1.いつ頃正社員登用(無期契約転換)をするか?計画届を提出するか?
2.どのような労働条件にするか?

等を事前に考えて準備しておかなければなりません。

<助成金申請のポイント>
取り組みの流れを理解し、流れを踏まえて事前の準備をすること

助成金の申請は自分で出来ます

まずは、ご自身でチャレンジしてみましょう。

しかし、どうしても自分で申請出来ない場合もあります。

その理由として・・・・

・時間がない。

・仕事が忙しくて手がまわらない。

・労働関連法令のことがわからない。

・就業規則や規程の作り方がわからない。

・賃金の計算方法がわからない。

などの理由でお困りの場合や

試してみてもし申請書類が作れないと断念した場合は専門家の紹介も行っております。

ご不明な点があれば、お気軽に下記のLINE@からお気軽にお問い合わせください。

ZeroMarketing協会 Line@友だち追加

友だち追加

関連記事

  1. お金がなくても起業したい!だけど絶対にやってはいけない注意点

  2. 株式会社定款:取締役1人、取締役会なし

  3. NPO法人設立登記申請書

  4. 主婦の起業で成功する!ご主人のお給料から3か月で卒業する方法

  5. 会社に必要な会計・経理・財務とは

  6. 株主総会招集通知(株主総会議事録)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。