申請のツボ! 「キャリアアップ助成金・正社員化コース」

「キャリアアップ助成金・正社員化コース」では、契約社員を正社員に転換すると、1人当たり57万円(生産性要件を充たす場合は72万円、1年度1事業所当たり20人まで)が助成されます。大きな金額が手に入るため、不正受給が後を絶たず、年々不正受給防止対策が強化されています。

 

また、審査も厳しくなっており、就業規則に規定された賃金の締め日と支払日が実際のそれと異なるという理由で、不支給となったという話も聞きます。

 

他の助成金同様、「キャリアアップ助成金・正社員化コース」も提出すべき書類が多くなっています。一度提出された書類の差し替えや訂正はできないこととなっていますので、十分な準備が必要です。以下では、段階を追って、準備すべき書類を整理しました。

 

 

①事前準備

・対象労働者の転換前の雇用契約書ないし労働条件通知書

・対象労働者の転換前6か月分の賃金台帳

・対象労働者の転換前6か月分の出勤簿ないしタイムカード等

*これらは、助成金申請にかかわらず、整備しておくべきものです

②転換制度導入時

・キャリアアップ計画書

・転換制度が規定された労働協約または就業規則

③転換時

・転換試験の結果を記載した書類(提出を求められないこともあります)

・対象労働者の転換後の雇用契約書ないし労働条件通知書

・対象労働者の転換後6か月分の賃金台帳

・対象労働者の転換後6か月分の出勤簿ないしタイムカード等

 

詳細については、有料コンテンツをご覧ください。

なお、他の助成金も含め、助成金申請に必要な就業規則の変更(制定)については、Union Download にご相談ください。

関連記事

  1. キャリアアップ助成金を活用し、正社員を増やすための方法

  2. 65歳超雇用推進助成金・65歳超継続雇用促進コース(2019年度版)

  3. 人材確保等支援助成金・介護保育労働者雇用管理制度助成コース(2019年度版)

  4. 人材確保等支援・介護福祉労働者雇用管理コース【専門家のコメント付き】

  5. 小規模事業者持続化補助金(平成29年度補正・日本商工会議所提出用)

  6. 導入する健康づくり制度の概要票

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。