時間外・休日労働に関する協定届(36協定)

法定の労働時間を超えて労働(法定時間外労働)させる場合、または、法定の休日に労働(法定休日労働)させる場合には、あらかじめ労使で書面による協定を締結し、これを所轄労働基準監督署長に届け出ることが必要です。この協定のことを労働基準法第36条に規定されていることから、通称「36協定」といいます。

ダウンロード資料情報
UNIONDOWNLOAD
ファイル形式 word
価格 無料
書式名 時間外・休日労働に関する協定届(36協定)

こちらのコンテンツは無料でダウンロードいただけます。
サンプルをダウンロードする際は、お名前とメールアドレスをご入力後、「プライバシーポリシーに同意します」にチェックを入れてください。

プライバシーポリシーをご確認ください

関連記事

  1. 就業規則は必要ですか?

  2. 就業規則(変更)届

  3. 経営革新 サンプル

  4. 労働契約書

  5. 労働契約書(パートタイマー)

  6. 在職証明書

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

2019年1月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031