賃金規定

常時10人以上を使用する事業所では、就業規則を作成し、所管の労働基準監督署に届け出をすることが義務付けられています。

労働基準法第89条では、必ず就業規則に盛り込まなければならない絶対的記載事項と、制度があれば記載しなければならない相対的記載事項が決められています。賃金に関する項目は、絶対的記載事項に給与に関することが含まれ、相対的記載事項には退職金や賞与に関する事項が含まれます。

こちらのコンテンツは無料でダウンロードいただけます。
サンプルをダウンロードする際は、お名前とメールアドレスをご入力後、「プライバシーポリシーに同意します」にチェックを入れてください。

プライバシーポリシーをご確認ください

関連記事

  1. 就業規則変更(教育訓練休暇用)

  2. 就業規則改正案(健康づくり用)

  3. 労働契約書(臨時雇用)

  4. 賃金台帳

  5. 代表取締役の就任承諾書

  6. 事業計画書サンプル

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。